二十代のニキビは、思春期の「成長に伴うホルモンバランスの崩れ」によるニキビとは全く異なるものと考えて下さい。昔、「10代はニキビ、20歳を過ぎたら吹き出物」なんて言われ方をしていたのですが、実際、それは嫌味やお笑いネタではなく、事実です。10代のニキビと二十台のニキビでは、できる原因が違ってきます。20台前半は、生活環境が大きく変わる時期それというのも要因のひとつと思っているのです。学生時代は学校や両親によっては生活リズムが規則正しく刻まれていることでしょうが、就職すると仕事が終わる時間も一定では無くてなり、いろんな付き合いや飲酒の機会も増え、仕事上の人間関係や業務関係のストレスに悩んだり、食事も外食が多くなってしまいます。また、化粧をしている時間も増えて肌に負担をかけてしまったり、就寝時間が短くなったり、運動不足にもなってしまいやすいになります。これらの生活習慣的な要因は、肌にも大きな負担をかけ、それがニキビの原因となるのです。もちろん、根本の原因にホルモンバランスの崩れが絡んでいることは、10代のニキビも20台のニキビも変わりは無いでしょうが、ホルモンバランスが崩れる原因に違いがあるでしょう。逆に言えば、10代のニキビは防ぐのが難しいので対処療法的ですねが、20代のニキビは防ぎようがあるという事になります。さらに結構な差は、若い頃は新陳代謝が激しいので肌の再生も早いのとはいえ、二十台以降では肌の再生力も落ちるので、ニキビ跡が残り易くなるのではないでしょうかー